豊胸手術の費用を知りたい

整形外科には若い患者さんが多い

整形外科は若い入院患者が多いです。その理由は、スポーツ外傷や交通事故などで入院する人も多いからです。若い人では高校生ぐらいからアキレス腱断裂などのために手術で入院をする人もいます。またスポーツなどではなく、仕事中に重い物を抱えて腰を痛めた、ヘルニアになったと手術目的で入院してくる働き盛りの20代も少なくありません。

若い世代というのは、入院して手術をして、傷の治りもよくリハビリがどんどん進んでいくので、比較的入院日数も短いです。また高齢者に比べると既往歴のない人も多い、そして内服をしていないという人も多いので、手術を受けると決まったら、予定日さえ予約できればすぐに受けることができます。反対に高齢者の場合は、既往歴が多いので、そのための他科受診や手術に影響のある内服薬を事前に止めたりして準備に時間がかかることがあります。そして整形外科の特徴として元気になって退院していく人が多いということがあげられます。

中には脊損や頚損でそのまま施設にという人もいますが、多くの人は退院して仕事に復帰をします。整形外科には若い人が多く、ベットの回転率ががいいのはよいことですが、若い患者には、退院指導がとても大切になります。また入院中から傷が癒えてくると自己判断で許可以上のADLをとろうとするものです。そのために、日常生活でどのようなことに注意をするべきかなどをしっかり理解してもらうことが大切です。

特に仕事にすぐ復帰する人には重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です